2014年7月アーカイブ

●Sample voice1
「東京女子プロレス正規軍、雨宮月です。えっとボク......見かけはこんなですけど......男、なんです。前からプロレスには憧れていて、プロレスラーになりたいと思った事も一度や二度じゃないんですけど......こんな体格だから、無理だろうなって。それが、まさかボクが想像もしてなかった斜め上過ぎるこんな形で夢が叶うなんて......「事実は小説よりも奇なり」って......本当ですね」

●Sample voice2
「最初に女子プロレスに誘われたときは、勘違いだと思ったんです。今ほど女の子っぽ格好はしてなかったけれど、それでもよく女の子と間違われてましたから......でも、社長さんが「面白そうならアリ」って言ったって聞いて......この業界、懐深いんだなーって」

●Sample voice3
「ボク......男らしいとか、女らしいとかいう感覚が......よく分からなくなりました......だって、この世界の女の人たち......ボクがこれまで見た誰よりも男らしくて......」

|

●Sample voice1
「FWWW悪役軍、ナイトメア党首のヴァンプ鈴森よ。ナイトメアっていうのは、モンスターの姿をしたレスラーの集まりね。で、私は見ての通りの吸血鬼......え? 見て分からない? 分からないはずはないでしょ、どこからどう見ても吸血鬼じゃない。ちょっ......こらーっ、首をかしげるなぁっ!」

●Sample voice2
「私ねー、ぬるぬるねばねば系の食べ物が好きなの。ごはんなら納豆でしょ? サラダならオクラ、うどんならとろろ、おみそしるならなめこって感じで。いいよねー、ぬるぬるねばねば系。だいたいは体にいいものだし!」

●Sample voice3
「私、吸血鬼をモチーフにしたレスラーでしょ? だからね、普段から吸血鬼っぽく振る舞おうって努力してるの。トマトジュースをワイングラスに注いで悪者っぽく笑ってみたり、夜に吸血鬼のマントを羽織って町を徘徊してみたり......たまに職質されたりもするけれど、日々、努力しているのよ?」


※収録時期の都合上、覇軍では無く悪役軍となっています。

|

ABOUT

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

ブログのトップページはコチラ

過去の記事はアーカイブのページで見られます。