アオイシロ TOPページ >> Webノベル「アオイシロ」
 
 
 Webノベル「アオイシロ」
「アオイシロ」の情報はこちらから
ノベル
第壱章
第弐章
第参章
第肆章
第伍章
第陸章
第漆章
第捌章
第玖章
第拾章
第拾壱章
第拾弐章
第拾参章
第拾肆章
第拾伍章
第拾陸章
第拾漆章
最終章

お読みになりたい章題をクリックしてください。

 

ずいぶんと前に亡くなった祖母は旅が好きだった。

見知らぬ景色。

見知らぬ人々。

見知らぬものとの出会いが大好きで――

 

高い天井で育てば背が伸びると言うように、

世界を広く持つことが、人を大きくするのだと――

 

そして高校二年の夏休み、私も遠くへ旅に出る。

部活の合宿なのだけれど、これも旅には違いない。

 

電車と車を乗り継いで、私たちは南の海へ。

剣と胴着をかばんに詰めて、鬼ヶ島を望む岬の山門へ。

そこで私が出会うのは――

 

月の満ち欠け、潮の満ち引き、
水面(みなも)を乱す宿命(さだめ)の周期(めぐり)――

瑠璃の宮処(みやこ)にまどろむ龍の、いざなう嵐に私はあらがう。

 

――むげんのなみは わだつみのこどう――


このページに掲載されている全ての情報、および画像データの使用権はすべて(株)サクセスに帰属します。
転用・販売・領布するなど無断で使用することを固く禁止致します。