肩を貸して保美を支え、長い階段を登り切る。
 下まで誰かを呼び出せば、保美にも私にもかかる負担が少な
かったかもしれないと気付いたのは、母屋の引き戸に手をかけ
た後だった。

【梢子】
「…………」

 まったく、良くない兆候だ――

 行き当たりばったりの運任せでは、上手く運べないとわかっ
ているのに、気が急く余り頭をきちんと回していない。
 いや、決して回していないわけでないのだけれど、無為に空
転させている。

 私が引き戸を開けてすぐ、靴を脱ぐより先に、綾代たちが駆
けつけてきた。








 
 

咲森寺廊下

次へ
 
 

1
 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 |